オナホールの上手な使い方

まずは軽く水洗い

これは衛生上とても大事。 水洗いは簡単に水道水でオナホールをすすぎ洗いするだけでも大丈夫だが、気になるなら石鹸やボディーソープなどで軽く洗ってやっても良いだろう。その際はよくすすぎ流すこと。 蛇口から出る水をオナホールの中に入れ、埃や内部のゴミなどを洗い流そう。

ローションをたっぷり塗る

オナホール内部にローションを垂らし、ローションをたっぷりとオナホール内部に行き渡らせらせる。 ローションがうまく奥まで行かないときは、ホールを数回もむことで行き渡せることができる。 特に非貫通型のオナホールの場合は、ホールを握って空気を抜き、緩めた時にローションを吸い込ませるような感じでやるとうまくいく。 オナホールにたっぷりとローションを注ぎ込み、挿入する準備が整ったら自分のペニスにもよく塗りつけよう。

いよいよ挿入!

オナホールを握って挿入しピストンするだけである。オナホールはとても柔らかいので、自分の力加減で締まりも調整出来る。 オナホールのまわりにタオルを一枚まいて握ってやることにより、力加減がより間接的になって快感が増す場合もあるので試してみよう。
また、ときおりローションを補充することも忘れずに。 ローションが乾いてしまったり、全て流れ出た状態で使い続けると、せっかくのオナホールが破損してしまう恐れもある為だ。 貫通型の場合は反対側の穴からもローションを補充することもできる。
ローションだけでなく、それに加えて自分の唾液などを垂らし入れると、よりリアルに快感が増すこともあるので、こちらも試してみよう。

使用後

使い終わった後は必ず洗浄しよう。 オナホール内部にたまった液体を流し出すのである。 これも簡単に石鹸やボディーソープなどで優しく洗ってやり、水道水でよくすすごう。ローションのヌルヌル感が無くなったら完了だ。

ただし、洗浄時にオナホールからローションなどを掻き出す際に爪を立ててしまうと内壁に傷をつけてしまう場合もあるので、あくまで優しく、自分の彼女の身体を洗ってやるつもりで行おう。

よくすすいだ後は、水を切りタオルで押し拭きをする。 この際に絶対こすり拭いてはいけない。タオルとの摩擦で表面に傷をつけるのを避けるためである。 拭いた際にタオルの埃がホールに付いてしまうが、これは気にしなくてもよい、また使うときに一度すすぎ洗いをするのだからそのままで良いのだ。

最後にオナホールの入口を下にして、内部の水を出しながら、日陰干しをしたあと、ラップでくるむか、またはコンビニ袋などに入れて保管すれば完璧である。 ただし、乾燥させないまま保管することだけは絶対に避けたい。 大切なオナホールの内部にカビが生えてしまうことを避けるためだ。

オナホールは使い込めば使い込むほど味がでる

オナホールの種類によっては「あれ?こんなもんかな」と思うようなものもあるかもしれない。だが、使い込んでいくうちに、内部のヒダやフィット感などが変化していき、最初と比べて全く違う使い心地に化けるタイプも多く存在する。 それらはまさに大器晩成型オナホールとも言えよう。 それだけに、使用後に放置することなどは絶対に避けて、なるだけ長く愛してあげるようにすれば、オナホールもそれに応えてくれるに違いない。

注意点

  1. オナホールは傷に弱い。 とても柔らかくしっとりした新素材オナホール、そのホールは余りにもデリケートに作られている。そのため爪傷など少しの傷が局部摩擦により少しづつ傷が深くなり最後にはバックリと切れてしまうのである。お気に入りのオナホールが裂けてしまい使い物にならなくなった時の悲しみは言葉では表現できないほどだ。 そのため極力傷を付けないよう気を付けたい。 そういう点では消耗品とも言えるオナホールだが取り扱いに気をつけるだけでとても長持ちするので、取り扱いは慎重に。
  2. 破損防止のためにローションは多めに。 ローションはオナホールには無くてはならない存在だ。 ローションが無いとホールは用を足さないと言っても過言ではない。 またローションは独自のヌルヌルでオナホールの摩擦破損を低減する。 なのでローションは多めに使って欲しい。ローションをケチっても良いことは無いので心して欲しい。
  3. 保管上の注意。 プラッスチックの素材と長期間接しないこと。 保管時にプラスチック容器などに入れて保管したり、電動ローターなどと一まとめにして保管しないようにしよう。ホールとプラッスチックが化学反応を起しプラスチックを溶かしてしまうことがあるからだ。
このページの更新日: 2008-08-16 (土) 22:55:20